ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100913_104359_ed.jpg

iPod nano(16GB)を購入しちゃいました。
遅ればせながら、人生初iPodです。



昨年の後半あたりから、これまで利用していたレコーダーが壊れたままになってしまってたんです。
以前は外に音楽を持ち歩く際も、↑レコーダーを使っちゃってました。
というわけで、携帯用の音楽プレーヤーとレコーダーを購入しなきゃなと思ってました。
(振り返ると随分長い事放置しちゃってましたね・・・)



以前にレコーダーを使っていて思ったのですが、レコーダーの音質なんてほとんど気になっていなかったんです。
それであれば、iPodやwalkmanに録音マイクをつけて対応でも、全然問題無いんじゃないかなと思ってました。

というわけで、walkmanとどっちにするかを少し迷ったのですが、iPodの発売のタイミングで購入しちゃいました。
iPod用の録音マイクも近々購入予定です。



来年の東京マラソンに申し込みをしてしまった(?!)事もあり、今年も少しづつ散歩から始めようかと思ってます。
そんなわけで、このiPodには散歩の際にも活躍してもらう予定です。
更に、メインで考えている用途は別にあるので、そのあたりは次回書いてみたいと思います。
(更に新兵器を用意しました・・・)





最近の練習で意識している事の1つにピッキングがあります。
以前から気になっていたのですが、最近はどうもオルタネイトで弾いている事がやたらと増えてます。
通常の何でもない4ビートであっても、気がつくとオルタネイトを使ってしまう事が頻繁にあるんですよね。

これ自体は別に悪い事では無いような気もします。
だけど音の事を考えると、シングルストロークで弾ける部分に関しては、しっかりとシングルストロークで弾いている方が良いように思うんです。
(こういうのって好みの問題なんですかね・・・)



オルタネイトピッキングに関しては、以前よりだいぶ指も動くようになってはきました。
とはいっても、まだまだちょっとでも早いフレーズになったりなんかすると、思うようには指が動いてくれません。
そんなわけで、オルタネイトに関してもそれはそれでもっともっと練習して鍛えなくてはいけないと思ってます。

だけどやっぱり、シングルストロークでまかなえるところはシングルストロークで弾いていたい気がしちゃうんですよね。

弦をはじいた際の音を聴き比べると、やっぱり2本指のシングルストロークが一番しっかりした音が出ます。
本当に微妙な差なので、こういうのって自己満足の世界なのかもしれないですけどね・・・





そういえば、最近は早いテンポの練習というのを全く行っていませんでした。
メトロノームのテンポも、せいぜい200までしか上げていなかったように思います。

250位までテンポを上げても、シングルストロークでひたすら4つ刻める感じだと素敵な気がします。
最終的には300以上でも対応出来るようになってみたいですけどね・・・



テンポを上げると辛い上に汗までかいてくるので、なんとなく自然と避けてしまっていたんだと思います。
いくらか外も涼しくなってきましたし、たまにはテンポを250位まで上げて練習しておくべきですね。



そう思い立った本日、ちょっとだけでもテンポ250で弾いておこうと思います。
コメント
この記事へのコメント
ピチカート
オルタネイトよりもシングルストローク(一本指、二本指、三本指?!)の方が音量、音色などのばらつきは少なくなりビート感は安定すると思います。

オルタネイトでは、ややもするとすぐに腕の荷重が抜けて手指の握力や筋力だけで弾いてしまいがち。
結果、軽めで抜けの良くないサウンドと物足りないビート(ポンポンベース)に成りやすいので注意しないと行けません。
もし「エレベでジャズの4ビートを刻む」際には、エレベ界では裏技扱い(異端?!)ですが人差し指などのワンストロークピチカートの方がエレベのスタンダードなオルタネイトピチカートよりも何故だか「安定感とスイング感は増し」ます。
その際、ネック端辺りで指を寝かし気味にするとより雰囲気が出易いかと。
コレはエレベ弾きにしたら目から鱗的な裏技?の一つ。

ワンストロークピチカートで高速化するのは結構難しくもあり重要な問題ですね。
自分は手首のアップダウンと指のストロークを工夫して対応しています。
そのヒントはドラマーのペダルワーク(主にベースドラム)にあると思います。・・・ダブルやトリプルなど
ダブルは膝が一度下がる間にペダルを(ヒール&トゥーで)二度踏み2音を出すテクニック。
トリプルは膝が一度下がる間にペダルを三度踏み、3音を出すテクニック。
この時、膝が一番下がって出た音に(一番荷重がかかって)自然にアクセントが付きます(/つきやすい)。

ピチカートに応用するには膝を手首に、足先を指先に置き換えて・・・
まあ、かなり練習が必要ですが、マスターすればミディアムスイングの三連音符が軽々と決まったり、ボサノバなどの例のゴールデンリズムが良くなる(・・・と信じています)
2010/09/13(月) 14:38:22 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
シングル
こんわんば、どてらです。
僕は「なんちゃってジャズベース弾き」なので、すべてがシングルストロークで弾いています。

なるべく「大きな塊」で弾くことを心がけています。 指先だけでなく、肘から先を一塊にして重みで弾いてますので、指の筋力は全く使いません。
そのかわり、超高速ハードバップなどには対応できませんケド。

エレベを弾く時にもシングルストロークです。(ってゆーか、オルタネイトが全くできないだけ)
2010/09/13(月) 21:57:06 | URL | どてら #e/PR8CMk[ 編集]
モリ@ベース様

ドラマーさんが足元でそんな事をしているなんて知りませんでした。
そんな動きで正しいリズムを奏でるってなんだか神業に思えます。
合わせて、

>マスターすればミディアムスイングの三連音符が軽々と決まったり・・・

これを軽々とこなすのも、今の僕には神業に思えます。





どてら様

セッションでも時折、シングルストロークのみで演奏されている大ベテランさんをお見かけします。
その方いわく、「昔はピックアップなんか無かったから、太くて大きな音を出すにはこうやって弾くのが一番良かったんだよね」といった事をおっしゃってました。
それでも、僕が必死にオルタネートで刻むフレーズなんかよりもずっと高速なんですよね。
こういうのって、やっぱり訓練なんでしょうね。
2011/01/30(日) 19:51:46 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1086-64be2d52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。