ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20061113120303.jpg

急性胃腸炎から回復したと思っていたら、この週末また熱が出てしまいました。
いきなり無理をしたのがいけなかったようです。
本日、仕事を終えてゆっくり休んでいたら回復してきましたが、まだ喉が痛いです。
どうも最近病弱でいけないですね。



本日仕事で春日(文京区)へ行きました。
春日駅近くには、以前から気になっていた文京楽器さんがあるのを知っていたので、本日打合せ後にお店を覗かせていただきました。
文京楽器さんのHPを見て、是非お店にお邪魔してみたいと思っていたんですよね。(素敵なHPじゃないですか?)



弦楽器屋さんって、他の楽器屋さんと比べて、なんだか敷居が高い感じがしませんか?
文京楽器さんも、中にバイオリンやチェロが整然と並べられているのが入り口から見えると、やっぱりなんだか入るのに緊張してしまいました。
お店は、あまり目立たない外観ですが、中は清潔感と透明感を感じる綺麗なお店です。
そこで、最初に声をかけてくださったお姉さんが、いろいろとお店についてや、楽器について教えてくださいました。

お店に入る時には、他の弦楽器屋さんと同様、敷居の高さを感じました。
それでもお店のお姉さんは、あきらかに本日は買い物をしない、仕事途中の僕にも、親切にいろいろなことをわかりやすく教えてくれました。


本当に勉強になることが多かったです。


いろいろ教えていただいた中でも、楽器選びについて、論理的で説得力のある説明に感服してしまったので、ご紹介させていただきます。

ウッドベースをお店で選ぶ時の価格帯について、お薦めはいくらくらいかというのを尋ねてみました。
(これって難しい質問ですよね。)

お姉さんの答えは、50万円~60万円。
理由は以下のとおりです。

まず、単板が合板かといった時に、単板が絶対に良いと言っていました。
合板の場合は、作りたてが一番良い音がするのに対して、単板であれば、弾き込むことで音が更によくなるそうです。
単板のウッドベースは、メーカーにもよりますが、最低価格で30~40万円くらいからだそうです。
ただし単板の最低価格帯である30~40万円の商品は、どこのメーカーも数が少ないとのことでした。
それに対して、もう1つ上の価格帯である50~60万円になると、商品数もかなり増えるので、沢山の楽器の中から選ぶことが出来る分、自分の好みのウッドベースを見つけやすいだろうとのことでした。

更に、この位の価格帯であれば、また次にウッドベースを買い換える時に楽器屋さんへ下取りに出すことも期待できるそうです。
そのため、この位の価格帯のウッドベースを持っていれば、次の楽器選びの際の予算の足しにもなるだろうとのことです。
ウッドベースは年数が経つことによって、価値が上がる場合も頻繁にあるそうです。
もちろん5年~10年位では、新品での購入価格を上回ることはほとんど無いそうですが、単板のウッドベースであれば、長い年月が経って楽器の価値が上がることも充分ありえるとのことでした。



いろいろとお話しを聞かせていただくと、やっぱり良い楽器が欲しくなりますね。
もっと練習して、もっともっと弾けるようになったら、次のウッドベースも真剣に考えたいですね。
コメント
この記事へのコメント
>単板であれば、引き込むことで音が更によくなるそうです。

正しくは「弾き込む」だと思います。


2006/11/14(火) 12:27:52 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
ご指摘ありがとうございます。
実はこの記事、投稿後にご指摘とは別の箇所の誤植に気が付いて、一度訂正をしていました。
まだ他にも間違いがあったとは・・・
早速訂正させていただきます。
どうもありがとうございました。
2006/11/15(水) 01:11:36 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/135-bdecc9e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。