ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2006/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PCM_06_05_12_0012.jpg

右手の使い方ですが、主に二通りとのことです。

1- 人差し指1本で弾く
2- 人差し指と中指の2本一緒に弾く(↑の写真)

ウッドベース入門のDVDでは、人差し指1本での弾き方を解説していました。
ウッドベース教室では、2本で弾くことから始めましょうとのことでした。
結局これも、どちらでも良さそうです。


弦をはじく際には、親指を指板の端に添えるのですが、この親指が上を向いてはいけないそうです。

親指を左斜め下に向けた写真
PCM_06_05_12_0010.jpg

(↑クリックすると拡大)

親指が上を向いている写真
PCM_06_05_12_0011.jpg

(↑クリックすると拡大)



普段の練習では、いつもメトロノームを使用しています。
ところが、メトロノームのリズムに合わせて、右手で弦をはじくことが、思いのほか難しいです。

指が弦に深くかかる時と、浅くかかる時があり、この指のかかり具合の違いによって、音が出るまでにタイムラグがでてしまいます。
どうも太鼓をたたくように、頭で思った通りのリズムを刻むことが出来ません。
特に、楽譜を見ながら左手に集中してしまうと、尚更リズムがみだれます。

これも慣れてくれば、改善してくるものでしょうか??
予想外の大問題です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。