ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2006/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PCM_06_09_26_0001.jpg

先日から苦戦が続いている8分音符のフレーズを、集中して練習することにしました。

(↓こんなのです。)
PCM_06_09_18_0002.jpg

曲の中で、1回しか出てこないので、普通に曲を弾いているだけでは、このフレーズを弾く回数も限られてしまうんですよね。
そこで、このフレーズのみを徹底して繰り返し練習してみることにしましたが・・・



すぐに飽きちゃいます・・・



1フレーズ5秒程で終わります。
これを延々と繰り返すのですが、肩は痛いし、右手の指も動きが早い分疲れます。
あまりにも単調な上、体も辛いので、頭と体を切り離して練習することにしました。

まずTVを見ながら弾き続けてみたのですが、どうもうまくいきません。
TVの音声を聞きながらでは、いまいちリズムが狂ってしまい、うまく弾けないんです。

次に、TVの音を消して、メトロノームを鳴らしながら練習を再開してみたのですが、TVの映像だけなんて当然面白くもなんともありません。

そこでたどり着いたのは、スカパーで、水着のお姉ちゃんのプロモーションビデオチャンネルを音無しで流し続ける作戦です。

テレビの番組だと、セリフや映像を頭で考えて、理解しながら見る必要がありますが、水着のお姉ちゃんなら、何も考えずに、ただひたすら煩悩で頭を満たすことが出来ます。
(かなりアホっぽい・・・)

あとは、耳だけをメトロノームに傾けて、ひたすら指を動かし続ける作戦です。

この作戦で、1フレーズ15分づつ、2つのフレーズを練習しました。
左肩が痛くなっても、右手甲のシナプス小胞内の神経伝達物質が枯渇しても、ただひたすら弾き続けます。
頭の中が煩悩で満たされている分、少々の体の辛さはごまかせます。
(やはり相当アホだ・・・)
更に、フレーズを変える際には、神経の発達を促進するべく、ビタミンB12を補給です。

1フレーズ5秒としても、15分で180回。
2フレーズで360回は弾いた計算ですが、この作戦いかがでしょう?



ちなみに、まあこの程度の練習では劇的な進歩は見られなかったです。
やっぱり一朝一夕では難しいですけどね。



右手人差し指と中指の鍛錬は、まだまだ続きそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。