ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PCM_06_10_26_0001.jpg

ここ数日、左のこめかみの下の部分、丁度顎の関節部分がやたらと痛かったんです。
なんでだろうと考えていたのですが、一つだけ思い当たることがありました。

楽譜を見ながらウッドベースを弾く際、楽譜を電子ピアノの楽譜置きに置いて練習しています。
この時、かなり長い時間、右下を向いたままの姿勢になりますが、どうやらこれが悪かったのではないかと思っています。

早速楽譜を椅子に並べて、思いっきり左下を向いて練習するようにしてみました。
今まで右下を向いていた分、反対を向いてバランスを取る作戦です。

ところが、ウッドベースを弾くのに左側に楽譜があるのは見づらくてしょうがないです。
左手の肘がじゃまになって、楽譜が見えないんですよね。
それでも、更に首を左に大きくひねることで、なんとか左側楽譜配置作戦を続けてみました。

今日は1時間40分ほどの練習だったのですが、これが思いのほか効果あるようです。
左顎の痛みがかなり和らぎました。
逆に右顎にちょっと違和感を感じ始めたほどです。

首をひねりっぱなしの姿勢は、かなり体に負担がかかっていたようです。
もうちょっと自然な姿勢で楽譜を見れる方法ってないものでしょうか?
市販の楽譜台だと、楽譜を2ページしか置けないので困ってしまうんですよね。
(ウッドベースを弾きながらだとページをめくれないので、曲の最初から最後まで、全てのページを並べて練習しています。)

ただ、楽譜台にも慣れないと、いずれ困ったりしそうでちょっと心配です。
オーケストラの人達は、よく楽譜を見ながら演奏しているようですが、ページをめくるのってどうしているんでしょう?
弓なんか持って演奏していたら、尚更ページをめくるのって難しそうですけど、本当に不思議です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。