ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PCM_06_10_30_0001.jpg

2ビートや4ビートのベースラインでは、右手の人差し指と中指をそろえて2本指で弾いています。
8分音符の混ざるような早いリズムの際は、指を2本揃えていたのでは追いつかないので、人差し指と中指をバラバラに動かして対応するようにしています。

ところが、このバラバラ指奏法(正式になんと言うのかはわかりません。)では、綺麗にリズムを刻むことが出来ないんです。

タタタタのリズムが、
タッタタッタとなってしまったり、
もっと酷いとタッッタッッ(?!)と、リズムと呼べないリズムになってしまったりします。

更に早い部分を、バラバラ指奏法で無理やり弾こうとすると、何故か左手の指まで反応して、弦の関係ない部分を勝手に押さえてしまうことさえあるんですよね。

ウッドベースを始めるまで自分の指達が、ここまで頭の命令に背いて言うことを聞かないとは思いませんでした。
頭で思い描いたとおりに指が反応してくれたら、本当に気持ち良いのだろうなと思います。
きっと、ひたすら訓練が必要なんでしょうね。



思い通りのバラバラ奏法をマスターするには、マメと闘いながらの訓練になりそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。