ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PCM_06_11_02_0001.jpg

お気に入り度★★★★☆

Jazz, My Romance/Ron Carter⇒

Ron Carter(b)
Herb Ellis(g)
Kenny Barron(p)

仕事先の駅前にあったCDショップにふらりと入ったところ、思わず購入してしまいました。

僕にはまだまだ本当にジャズに関する知識がありません。
アーチスト名もほとんど知りません。
CDショップでの選び方は、まずジャズコーナーに行きます。
次にジャズコーナーの中のベースコーナーにあるCDをペラペラとめくってみます。
その中で、聞いたことがある名前や、ジャケットが気になった物を適当に購入してしまっています。

ロン・カーターという人の名前をなんとなく聞いたことがあったので購入してみました。
ただ、恥ずかしながらベースの人だという認識は持っていませんでした。

そんないい加減な購入の仕方だったのですが、このCD、かなり好きです。
購入してから気が付いたんですが、このアルバム、トリオ編成なんですけど、ベース、ピアノ、ギターのトリオなんですよね。
ドラムレスのこのトリオ編成、興味津々で聞いてみたのですが、かなり素敵です。

僕はどちらかというと、小編成で各楽器の音がはっきりと聞こえる感じが好きなのですが、今回のこの組み合わせは、ドラムが入った時よりも更に各楽器の音が聞き取りやすい感じがしました。
アルバム全体の雰囲気も、思わずお酒が進んでしまいそうな感じで大好きです。

ちなみに、購入直後にPCのスピーカーで聴いた時は気にならなかったのですが、居間のステレオで聴きなおすと、もう少しベースの音が控えめにしてほしい感じがしました。
(あたりまえですが、PCのスピーカーと比べて低音がめちゃめちゃ響きます。)
もちろん、ベーシストのリーダー作だから、ベースが前に出ているのは当然なんでしょうけどね。
それにしても、聴く環境(オーディオ)によって随分と印象が変わるのに驚きました。

ロン・カーターさん、知らなかったのですがクラッシックも弾いていらっしゃるそうです。
機会があれば、そちらも是非聞き比べてみたいと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。