ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20061120141349.jpg

写真は中野新橋のジャズ喫茶「ジニアス」さんの入り口看板です。
久しぶりにお邪魔させていただきました。
いいオーディオでジャズを聞かせてもらいながら、のんびり出来るのは気持ち良いですね。



ところで、今週から取り組んでいる「Take the A train」ですが、めちゃめちゃ苦戦しています。
以前ちょっとだけ手をだしかけたので、難しいのはわかっていたんです。
それにしても、これまで覚えた5曲と比較して、極端に難しい気がします。

8分音符は、出だしのオクターブ(先日教わりました)と、一番最後のエンディング部分にしか出きていないと思います。
何が難しいかというと、ポジション移動がやたらと多いんです。
ハーフポジションから、ネックの付根よりも更に高い音まで、やたらと左手が行ったり来たりするために、なかなか暗譜が進みません。

セカンドポジション位までだと、押さえるべき場所をなんとなく指が覚えてくれるようになってきました。
しかしこの曲は、それよりも高い音まで行ったり来たりするため、しっかりと意識して指の位置を覚えるようにしないと、なかなか頭に入りません。

ようやく、楽譜の調度半分あたりまで暗譜できましたが、お手本CDよりもかなりゆっくりしか、まだ弾くことが出来ません。
曲に合わせて弾けるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。

ただ、ポジション移動が多い分、ベースラインも変化に富んでいる(?)ので、覚えてしまった部分はベースだけ弾いていてもちょっと楽しい感じがします。



それにしても、この曲だけこんなに難しいのってなんででしょう??
この本のベースを担当した人が、この曲の時にはちょっとご機嫌だったんですかね。

大変ですが、めげずに頑張ります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。