ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20061125003639.jpg

昨日は、練習時間が少なかったこともあり、左手が特に痛みませんでした。
そのため、アイシングも昨日はサボってしまったんです。

ところが、本日2時間30分ほど弾いたところ、やっぱり痛みます。
左手の親指が、ネックを少し歪んだ角度で押さえてしまうと、写真の×印のあたりが少し痛みます。

そこで、本日も練習後にしっかりとアイシングを行っておきました。
アイシング後に手が赤くなっているところを写そうと思ったのですが、携帯電話のカメラでは色がわからないですね。



今週から取り組み始めた「Take the A train」ですが、楽譜5ページ中、4ページはなんとか暗譜できました。
もう少しで、暗譜は終わりそうです。

それでも、実際に曲に合わせて弾けるようになるまでは、まだしばらく時間がかかってしまいそうですね。
本日、少しだけ曲に合わせようとしてみたのですが、まだ曲の早さになるとたちまち解らなくなってしまいます。
ポジション移動が多い分、弦を押さえる位置をしっかりと頭の中で考えながらでないと、すぐに混乱して曲についていけなくなってしまいます。



ポジション移動が多いおかげで、G弦のミ、ファ、ソを指板を見ずに一発で押さえられる確立が急激に上がってきました。
これまで覚えた曲は、G弦のミやファは、出てきても曲の中で1回か2回程度でした。
それが、「Take the A train」では何度も出てくるので、自然と押さえる場所を手が覚え始めたようです。

もちろん、まだまだ音程のズレはありますが、確実に正確な音に近づいてきているのが嬉しいですね。



高い音を自然に、正確に弾けているとかなりかっこいいですよね。
正確なポジションが体に染み付くように頑張ります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。