ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2006/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20061211011020.jpg

以前にE弦はリズムが狂いやすいといったことを書きましたが、相変わらず苦戦しています。
リズムが狂いやすい上に、音もビビりやすく、やはり何かが間違っているような気がします。



先日、ある方からE弦の弾き方についてアドバイスをいただきました。
E弦を弾いた後に、右手全部をベースのボディの方へ落とすと良いとのことでした。

これを聞いた時に、ノラ・ジョーンズのDVDに写っていたベースの人が頭に浮かびました。
この時のベースの人が使っていたウッドベースですが、手前側のF字孔の上の部分のニスだけが不自然に剥がれていたんです。

実際、弾いている姿を見ると、E弦を弾いた後、指板から右手を離してボディにぶつかるまで振り切っていることが頻繁にあるんですよね。
きっとこの事だと思い、ひたすらDVDを見ながら真似をしてみました。



当たり前ですが・・・
簡単にはうまくいかないですね。



まず、ボディに右手がぶつかる勢いがよくわかりません。
油断するとめちゃめちゃ右手が痛いです。
それどころか、ボディが割れてしまうんでは無いかと思ってしまいます。

次に、右手を振り切った後、元のポジションに戻って弾き直すのがスムーズにいきません。
どうしてもタイミングが遅れてしまい、次の音を出すタイミングが狂ってしまいます。



なかなかうまくいかないですね。
もうしばらくは試行錯誤しながら、練習してみようと思います。





ちなみに、PCが立ち上がらなくなったのは、この映像をショット画像にしようと悪戦苦闘していた時です。
悔しいので、本日もまた少しチャレンジしてみましたが、いまいちうまくいかないので、キャプチャー画像等は無しになってしまいました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。