ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2007/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070108113352.jpg

朝起きてから、1時間ちょっと練習したので、休憩がてらBLOGの更新をすることにしました。

最初の30分くらいは調子よく弾いていたのですが、30分を過ぎたくらいから、なんだかリズムが狂ってきました。
右手が弾き始めよりも弦に強くひっかかってしまい、音を出るタイミングが遅れがちになります。
ひどい時は、指が弦にひっかかったまま、弦を弾けずに音が出ないことすらあります。

空気が乾燥しているせいですかね。
弾いているうちに指先が硬くなってきて、感覚が狂ってきてしまうんですよね。

常に一定のリズムで、常に音の大きさも揃えて弾くのは本当に難しいですね。
上手い人たちはいったいどうやっているんだか不思議です。



ちなみに、今BLOGの更新をしながら、指先に違和感を感じたのでよく見てみると、やっぱり水が溜まっています。(右手中指)

先日、指先が強くなったかもしれないと書いたばかりですが、やぱりそんなにすぐには変わらないですね。
今年もまだまだマメとの闘いが続きそうです。



「Take the A train」も暗譜完了し、お手本CDにもなんとかついていけるようになってきました。
あとはひたすら繰り返し練習よ予定です。

そこで、そろそろ次の曲の暗譜を少しづつ開始してみようかと思っています。
お手本CDを聞く限りでは、わりとゆっくりめなので、なんとかなるのではないかと思いテキストを見てみました。

すると、1小節の音符が確実にこれまでより少ないんですよね。
「これならいける!」と思ったのですが、よくよく見てみると、3拍子の曲です。
(1小節ごとの音符が、少ないのも当然ですね・・・)

これまで、3拍子の曲は挑戦したことがないので、どんな感じになるのかちょっと楽しみです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。