ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2007/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070109233416.jpg

昨日のマメの影響から、本日はいつもより小さめの音で、右手の負担を減らしながら練習してみました。
練習時間は1時間半ちょっとです。

ちなみに内容は、これまでおぼえた練習曲6曲をひたすらお手本CDにあわせて弾いていました。
6曲で約20分。
これを3回繰り返しました。
途中、納得いかない箇所や、繰り返し間違える箇所を、CDを止めて練習したところ、ちょうど1時間半くらいになりました。

小さな音で弾いたとはいえ、昨日のマメには本日もしっかり水が溜まってしまったため、本日も練習後に水を抜いておきました。
(写真はいつも水抜きに使っている裁縫セットです。)





そういえば、難しいとさんざんボヤいていた「Take the A train」ですが、実際に難しくアレンジあるとのことです。
楽譜に書いてある「演奏のポイント」というところに、しっかりと記載されていることに最近になって気がつきました。

このポイントによると、


「コード進行自体はそれほど難しくないだけに、演奏は平坦になりがちな曲です。
そこで、若干テクニックが必要な凝ったアレンジをしました。」


とのことです。
初心者の僕が大苦戦するのも当然ですね。
それでも、なんとかおまかせCDに合わせて弾けるようになると、ベースラインも変化に富んでいる分、弾いていて心地よいです。

今後は、もっと滑らかに一音一音をしっかりと伸ばしながら、ピアノやベースと一体感を感じられるような、演奏が出来るようにしたいですね。

練習時間も、もうちょっと伸ばしていけるように頑張ります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。