ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2007/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070223140702.jpg

先日のよしみ先生のレッスンで、枯葉のコード進行の処理について、いくつかバリエーションを教わって帰ってきました。

ちなみに教わったのは、

1- Cm7  F7  B♭7
2- Am7 D7 Gm7
3- Gm7 Gm7

この3つのコード進行の際の、具体的なベースラインについてです。
これまで、はじめてのジャズ・ピアノ・トリオに記載されているベースラインしか弾いたことがなかったので、バリエーションとして少しづつ暗譜してしまいたいと思っています。

というわけで、本日は練習の最初の30分、ひたすらこの練習をしていました。

まず教わったベースラインを繰り返し弾いて、スムーズに弾けるように練習。
その後から、枯葉の前後のベースラインとつなげて、実際の曲の中に取り込んで弾く練習。

こんな感じです。
このコードの前後の部分だけを抽出して、意識しながら弾くのであればなんとかなりますが、最初から普通に曲を弾く場合だと、なかなか教わったベースラインを取り込めません。

一番の致命傷は、暗譜したベースラインを弾いていても、今どのコードの部分を弾いているかがまったくわかっていないことなんです。

これまで、コードというものをほとんど意識せずに練習を続けてきました。
そろそろ、コード進行を意識して、コードにあった音を弾いているんだということを覚える必要がありそうです。



コードを目で追いながら、暗譜したベースラインを弾く練習を近々はじめてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。