ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2007/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070303204844.jpg

久しぶりに出かけてきました。
「マイルス・カフェ」さんの超超初心者セッションです。
3ヶ月以上ぶりのセッション参加になりました。

前回のセッション→



「マイルス・カフェ」さんの超超初心者セッションは、ひたすらBags Grooveの繰り返しです。
この曲は、はじめてのジャズ・ピアノ・トリオの1曲目に入っていることもあり、ほとんど毎日弾き続けています。
おかげで、今回は「だいぶ余裕が出てきました。」といったコメントでも日記にかけるかなぁと思いながらお店に向かいました。

ところが、余裕を持てない事態が発生してしまったんです。



セッション開始の前に、オーナーのマイルスさんから本日のテーマが出ました。



本日のテーマ

「常にベースの音を聞きながら演奏する。」



・・・!



本日のベース参加者=1名





・・・!




余計な事は考えずに、楽しく曲にノリながら弾こうと心がけたんですけどね・・・
ちょっと前を見ると、もう本当視線が痛いんです。
マイルスさんから指示が出たということで、つきささるような視線を感じながらの演奏になりました。

それでも前回と比べると、気持ちにはだいぶゆとりが出てきました。
間違えないということではなく、間違えた時に、すぐに戻れる自信がついたのが大きいですね。



なんとか突き刺さる視線を浴びながらも、演奏を続けていたのですが、終盤になってマイルスさんから、「ベースソロを弾くように」との指示が出ました。
ちょっとでもいいから崩してみなさいとのことだったのですが、こればっかりはまだ僕にはまだ出来ませんでした。


コードを何も理解しないままに、受験生もびっくりのスコア丸暗記戦法でセッションに参加しています。
というわけで、暗譜した楽譜でなく、更に通常の4拍子以外のベースというのは、まったく見当がつきません。



これは次回の課題ですね。
来週はよしみ先生のレッスンにも出かける予定なので、この崩し方というのを教えてもらってきたいです。



やっぱりたまに外に出るのは刺激があっていいですね。
明確な課題も出てきたので改めて頑張ります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。