ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2007/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070604180858.jpg

ナントハウス(自宅)外観です。
もともとカラオケスナックだった建物を改造して住んでいます。
ちなみに、カラオケスナックは騒音が原因でつぶれてしまったそうです。

カラオケスナックほど音は出せないものの、普通のマンションよりは音を出せると思います。
ただ、最近裏のアパートの住人さんから、夜の音漏れを指摘されてしまいました。
夜はもうちょっと気をつけなくてはならなそうです。





先日のレッスンの際に右手の力みについて指摘をされました。
しっかり弾けてはいるけれど、力が入りすぎているために、早いテンポの曲が弾けないだろうとのことでした。

もう少し無駄な力を抜いて弾く必要があるとのことです。
そのためには、早いテンポで練習するのが良いだろうとのことでした。



普段メトロノームを使って練習する際は、140から160程度のテンポにしています。
これを180のテンポにして、Fのブルースと、枯葉と酒バラのベースラインを50分ほど弾いてみました。

このテンポだと、リズムが狂ってしまったり、ベースラインが出てこなくなったりとボロボロになってしまいます。



それに、なにより疲れますね。

エアコンをしっかり効かせても、かなり汗をかいてかいてしまうほど力が入ってしまっているようです。



「フルスイング」が理想ですが、力が入ってしまっては駄目ですね。
こまめにこういった早いテンポの練習を取り入れていきたいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。