ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2007/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070308105131.jpg

またまたよしみ先生のレッスンへ出かけてきました。
オレオの不明点をいくつか教えていただいた後、今回はセッションの練習をさせていただきました。
よしみ先生がメロディとアドリブを弾いてくださるので、それに合わせてひたすらベースを弾く練習です。



やっぱり間違いが続くと、迷子になってしまうようです。
そこからまた元に戻るのに時間がかかります。
しばらく演奏を聴きながらなんとなく「ここだ!」というのに気が付くといった感じですね。
しかも、A-A'みたいな進行だと、今どっちなんだかがまったくわからなくなります。

すぐに戻れるようになるのも訓練なんですかね。

よしみ先生からも言われましたが、他の方と一緒に演奏する機会を増やさなくては駄目そうです。



ところで、レッスンの際には毎回少しづつ、お手本を見せていただくようにしています。
フォームや良いイメージを目に焼き付ける目的です。

昨日も最後に5分程度見せていただいたのですが、やっぱりもの凄い音がなります。
「アタック感」といった表現をされていましたが、とにかく指先がはじけ飛びそうなくらいの勢いで音が出てくるんです。

「躍動感」というのか「推進力」というのか、適切な表現はわかりませんが、この感じは本当素敵です。
はじめて見た時から衝撃だったんですよね。)

改めて、あんな音を出せるようになりたいと思いました。
まずはフルスイングを心がけて頑張ります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。