ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2007/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070725155041.jpg

最近、E線やA線のビビッた音が少し軽減されてきたように思います。
左手の握力が強化されたというよりは、左手のフォームを少し変えた効果が出てきているようです。

左手は、以前と比べて、最近は指先で弦を押さえるようにしています。
指先の弦にあたる位置が、以前よりも、指紋の渦の中心から指先側にずれた感じですね。
これにより、弦を瞬時に押さえるのは難しく(空振りして、弦を押さえられないことがあります。)なりましたが、弦をしっかり押さえることが出来るようになったようです。

このフォーム変更に伴い、親指もネックにあたる部分が指先にずれてきました。
おかげで、関節に負担がかかるようになったようで、最近親指の関節部分が少し痛みます。



柔らかすぎる、僕の親指の関節ですが、以前オリンピックの水泳選手を見ているトレーナーの友人と話したことがあります。

トレーナーさんは、マッサージをする際に、ある程度親指が柔らかくないと、爪が選手にあたってしまうのでよくないとのことです。
ただし、僕ほど柔らかいと、自分の親指を痛めてしまうので、職業としてトレーナーやマッサージ師を選ぶには向いていないとのことでした。



この柔らかすぎる親指、トレーナーだけでなく、ウッドベース弾きにも向いていないんでしょうか??

なんとか痛めないフォームを見つけるか、更に親指を強化することで、なんとか克服したいですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。