ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20071016103747.jpg

よしみ先生のレッスンに出かけてきました。
写真は、よしみ先生宅近くの、地蔵通り商店街です。

今回、結局宿題は終わらずに未提出となりました。
本当に反省です。
枯葉の耳コピーについては、次回までに行っておこうと思います。



レッスンでは、最近の疑問をいくつか質問して帰ってきました。
その中で、先日遭遇した「スライドダウン」についても教わってきました。

よしみ先生によると、

スライドする音の始点と終点が決まっているものを「スライドダウン」
スライドする音の終点が決まっていない(適当?)ものを「グリッサンド」というそうです。

このあと、もちろんお手本も見せてくれたのですが、やっぱりかっこいいんです。
ベースラインの動きの中で、なんだか自然に「ドゥ?ン!」という音が入ります。
しかもそれを、なんてこと無さそうに演奏されているんですよね。

こういった奏法にチャレンジするのは、まだまだ先になりそうですが、目の前で見ると、なんだか憧れちゃいます。



本日、よしみ先生の右手人差し指と中指の皮が、かなり派手にめくれていました。
最近は、ウッドベースに細めの弦を張っていたため、普通の弦で久しぶりに演奏したら血豆が出来たとのことでした。

長く演奏されている、バリバリのプロの方でも、ここまで指先がやられてしまうとは、あらためて大変な楽器のようです。

それでも、目の前ですごい演奏を見せていただくと、やっぱり頑張りたくなっちゃいますね。
指先のマメを含めて、つくづく大変な楽器のようですがまだまだ頑張ろうと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。