ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2007/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20071106103815.jpg

よしみ先生のレッスンに出かけてきました。
レッスン場所の巣鴨では現在、菊まつりが行われてます。



本日はBye Bye Blackbirdの演奏を見てもらいながら、いろいろと教えてもらってきました。
主な注意点は以下の3点です。

1- ミディアムテンポの速度に慣れる
2- Fメジャースケールの運指を元にポジション移動を行う
3- ポジジョン移動の際に、左手のフォームを崩さない

普段練習では120?180位のテンポで、メトロノームを鳴らしていることが多いです。
本日はテンポを80にしてメトロノームを鳴らす中で弾いたのですが、難しいですね。
200以上の早い速度ももちろん難しいですけど、ゆっくりとしたテンポに合わせるのも相当難しいです。

速度を変えて練習したり、いろいろな曲に合わせて演奏する練習をして、いろいろなテンポの世界観にすぐに入れるようにとの指示をいただきました。



2番目のポジション移動についてですが、よしみ先生の指示通り、Fメジャースケールの運指にしたがって、Bye Bye Blackbirdでもポジション移動を行うことで、確実にポジション移動が減るんですよね。
自宅に帰ってからは、早速Fメジャースケールのスケール練習を行いました。

そこで3番目ですが、ハーフポジションや1stポジションから、ネックの下側(ボディ側)にポジション移動した際に、親指位置が上になってしまう癖があるとの指摘を受けました。

普段、左手の親指は、人差し指と中指の間くらいにあります。
それがネックの下側に大きくポジション移動すると、親指が人差し指よりも上になってしまうんですよね。
これではピッチが変わってしまうので、音が狂いやすくなるとのことでした。

左手フォームについても、スケール練習をしながら修正していきたいと思います。



やっぱり教わりに行くと、収穫が多いですね。
指摘された項目を修正出来るように、明日からの練習で意識していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。