ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2007/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20071214104240.jpg

よしみ先生の2007年最後のウッドベースレッスンにでかけてきました。
途中で通過する地蔵通り商店街は縁日とやらで、かなりの人出です。



今回も技術的な部分を中心に教わってきました。
主なポイントは以下2点です。



1- 休符をきちんと表現する
2- 音符が短い



楽譜に4分休符がある部分も、特に意識せずになんとなく弾いてすごしていました。
このなんとなく弾いていた休符部分を、きちんと表現するようにとの指摘を受けました。

これまでは4分休符の前の音が4分音符だった場合に、2分音符を弾いているのとあまり変わらない感じで演奏していたんですよね。
これを、4分音符の長さで音を出した後は、ミュートして4分休符をしっかり表現するようにとのことでした。

確かに休符をきちんと入れることで、なんだかメリハリのある感じになり、雰囲気がガラッと変わります。
以前にドラムのつねさんから、音と音の間の時間をどう作るかが大事だといった話を聞きましたが、まったく活かされていなかったということですよね。
音を出さない部分、これからは改めてきちんと意識したいと思います。



2番目の「音符が短い」というのは、1つ1つの音が短い場合に使われる表現だそうです。
まだまだ僕が弾くウッドベースの音は、

ボ?ンボ?ンボ?ンボ?ン

ではなく、

ボン ボン ボン ボン

と短く切れてしまっているとのことです。
かなり以前から指摘されていることで、なんとなく意識はしているつもりだったのですが、なかなか改善されないですね。



ところが今回、よしみ先生から音を伸ばすための具体的な作戦を1つ教わることが出来ました。



3連の音の、2番目の音を抜いたリズムで、3連の3拍目を意識して弾くようにとのことでした。
メトロノームで3連の2拍目を抜いたリズムに合わせて弾く練習です。
「タッカ タッカ タッカ タッカ」といったリズムですね。



「ド レ ミ ソ」と弾くのであれば、↑のタッカ タッカの「カ」を意識して、

タッカ タッカ タッカ タッカ
ド?オ レ?エ ミ?イ ソ?オ

といった感じですね。



この練習ですが、確実に音がこれまでよりも伸びてます。
凄い作戦をよしみ先生から授かったので、当面はこの練習方法を積極的に取り入れたいと思います。

ボ?ンボ?ンボ?ンボ?ン・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。