ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080117234500.jpg

今年最初のウッドベースレッスンに出かけてきました。
本日は作りかけの枯葉のソロ(手書きの楽譜)をよしみ先生に見てもらいました。

すると、
「あれっ、これJust in timeじゃないですか?」

と言われたんです。
よくよく確認してみたところ、たしかに開くページを間違えていて、作りかけのJust in timeのベースラインのページです。

コードも書かず、音符だけ並べていたページなのですが、ベースラインの音符だけ見て曲が判ってしまうあたりにちょっと感動しました。



というわけで、本日はソロパート部分についてを習ってきたのですが、理論の話がたくさん出てきました。
相変わらず理論は勉強してないですからね・・・

ミクソリディアン
マイナーペンタトニック
ロクリアン
オルタードスケール
ナチュラルマイナー
等々・・・

すぐに全て理解出来なくても良いとのことではありましたが、それにしても理論の話は難しいです。
(当然↑もまだ理解は出来てないです。)

とりあえず現時点では、いろいろな人のベースソロをコピーしてみるところから始めてみるのが良いのだろうとのことでした。
ジャズベース2008にポールチェンバースのベースソロが載っているので、まずはこれを練習してみてはとのアドバイスもいただきました。

早速明日から取り組んでみようと思います。



8分音符だらけですが、弾けるのかなぁ・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。