ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080118232553.jpg

本日は早速、ジャズベース2008に掲載されていたポールチェンバースのストレート・ノー・チェイサーに取り組んでみました。
全部弾いてみるというのではなく、いきなりベースソロ部分に特化して練習です。

明らかに8分音符だらけなので、速さについていけないのではと心配だったのですが、これは当然、メトロノームのテンポを落とすことでクリア出来ました。
(なんだか当たり前ですね・・・、ちなみにテンポは75で練習してました。)



それよりも、手こずったのは譜読みでした。
やっぱり、休符が入ったり、タイがついたりすると、たちまち苦戦します。

特に写真の感じ、譜読みが苦手な僕にはかなりの難関でした。
1音目を付点で入っておきながら、次の音は8分音符+タイ、更に最後の音もタイがついて次の小節の頭に食い込むこの感じ・・・
リズムを理解するのに苦戦するのを共感してくれる人って、きっといますよね??

以前であれば、譜面を見ただけで諦めていたかもしれません。
それが落ち着いてリズムを理解しようとすると、時間はかかりましたが、なんとかなってきたかもしれないです。
(断言出来ないところが情けないですが・・・)

このあたりは、昨年から取り入れているソルフェージュの効果が確実にありそうですね。
知識として云々もありますが、それよりも、わずかにですが楽譜を読むことを怖がらなくなってきたのが大きいのではないかと思っています。



まだまだ、本当にわずかな変化ではありますが、少しでも進歩を感じることが出来てちょっと嬉しくなりました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。