ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080125215804.jpg

昨日は日記の更新すら出来ていませんでしたが、結局練習も0分という事態になってしまいました。
明日は休みなので、明日遅れを取り戻せるよう頑張ってみます。
ちなみに、本日の練習時間は100分程です。



来月末に、ピアノの方とセッションをさせていただけることになりました。
曲目のリストをいただいたのですが、すぐにあわせられそうな曲が枯葉しかありません。
というわけで、急遽St.Thomasに取り組むことにしてみました。

とはいっても1ヶ月しか時間が無いので、これまでのようにベースラインをきっちり作って暗譜してみる作戦は間に合わなそうです。
そこで、コードを見ながらなんとか弾き続けることを目指してみようと思います。
(そもそもこれが本来の姿ですよね・・・)



そこで今回の作戦(?)です。↓↓

基本は1度3度5度クロマチックを弾く。
余裕が無くなった時は、1度1度3度3度か1度1度5度5度でしのぐ。
少しでも余裕が出来たら、1度2度3度クロマチックや1度7度5度クロマチック等を混ぜる。



これが今回練習に取り組むにあたって考えた作戦(??)です。
とはいっても、1度2度3度クロマチックなどは咄嗟に出てこないので、余裕がある時用フレーズとして、事前に譜面に書き出しておこうと思います。



ところで、青本では♭5度の音というのが特に記載されていませんでした。
ところが他の資料では9小節目と11小節目が♭5度になっています。
これって、9小節目と11小節目の5度の音は♭で進めるべきなんですかね?
それとも♭をつけてもつけなくても良いのでしょうか??

頼みの綱であるよしみ先生のレッスンは来月に入ってからです。
よく解らないので、次回のよしみ先生のレッスンまではこの部分を保留にして進めておこうと思います。





理論が解っていれば、これも解るのかなぁ・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。