ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/02 | 1234567891011121314151617181920212223242526272829
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080202015354.jpg

本日の練習内容

Bye Bye Blackbirdのベースライン復習/20分
St thomasのコード譜で、135C(1度3度5度クロマチック)と153Cの練習/20分
Straight no chaserスコアのベースソロ(ポールチェンバース)練習/20分
枯葉ベースソロ作り/20分
合計80分

こんな感じです。

ところで、Straight no chaserのソロ部分ですが、メトロノームを4拍子で鳴らしながら弾いていると、どうも拍が合っていません。
どうやら、譜読みでリズムを間違えたまま覚えてしまったようです。

写真部分のフレーズなのですが、間違えて覚えてしまったことには気がついたものの、正しいリズムがなかなか解らないんですよね。
音源を繰り返し聴いても、いまいち聞き取れずに、結局正しいリズムが解りません。


そこで、夜michiさんに教えてもらいました。


michiさんの解説では、一気に理解しようとせずに、とにかく書いてある音符を全て口にだしてみるようにとのことでした。
まずはタイを無視するとのことです。
それが出来るようになってから、タイで音をつなげば良いとのことでした。

もちろんそれでも苦戦はしましたが、たしかにひとつひとつ順を追って考えることで、なんとかリズムが理解できました。

|タンンタアタタタ|アンタタタタ(ウン)|

カタカナで書いてみたものの、なんだかよくわかりませんね。
とはいえ、どうにか出来たみたいです。



こうした譜読みすら出来ないので、やっぱり地道にソルフェージュで鍛えなくては駄目そうです。
それにしても、付点とかタイとか出てくると、本当に手ごわいですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。