ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080310225403.jpg

先日、いつもお世話になっているドラマーのつねさんに、以下の2点を話してみました。


◇3拍子で1小節に付点4分音符2個のリズムを入れる際に、明確にリズムを刻めずに、なんとなくで適当に音を鳴らしてしまうことになっている。

◇3拍子の曲で、3拍目だけにメトロノームを鳴らして練習しようとしたところ、出来ないのがショックだった。


すると、まず2点目の3拍目だけに音を鳴らして合せる練習は、たしかに難しいと思うとのことでした。
ただし、1点目のなんとなくで音を鳴らしていることや、2点目の練習の際に、小節内の1拍目と2拍目が適当になってしまう分には、別にそれで良いのではないかとのご意見をいただきました。

つねさんの話では、拍に合せる音さえ守っておけば、他の音は拍から多少ずれていても、それがその人の個性であったりノリであったりするものなので、全てを無理にきちんと拍通りにあわせなくても良いだろうとのことです。
↑であげた2点目の練習のように、1小節の中の3拍目だけをきちんと合せられたり、2小節ごとに最後の拍(3拍子であれば6拍目)だけがきちんと合うといったリズムを守っていければ、他の音は多少ずれていても、むしろかっこよかったりするとのことでした。



なるほど・・・



というわけで改めて練習していたのですが、やっぱり僕が弾くとなんだか変なんです。
理由は、僕の場合、ノリでずれているのではなくて、ノレずにただずれているだけだからのようです。

「ずれていてもかまわない」

これはこれで、やっぱり難しいですね・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。