ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080315134702.jpg

本日も良い感じにお酒が入ったまま更新です。(すみません・・・)
写真は本日訳あって探したけれど見つからなかったお酒です。
ワインってさっぱりわかりません・・・



本日の練習時間、約100分。
ちなみに昨日は120分。
今週はまずまず練習時間を確保出来てます。

連日日記に書いているように、歌いながら(?)練習する機会が増えています。
3拍子で「ハワイ、ハワイ、ハワイ・・・」

青本のコードを見ながら弾いているのですが、青本なので当然V記号がありません。
V記号→息を吸うところのブレス記号ですね。

ただでさえ余裕が無いので、まともに息も吸えず、1テーマ(32小節)弾くとかなり苦しくなります。
挙句、指が疲れたり、リズムが解らなくなったりする前に、呼吸が苦しくてストップしてしまうんです。

これはなんとか呼吸を入れなくてはいけないと思い、まずは3拍子の3拍目で息を吸うようにしてみました。



無理です・・・
こんなの過呼吸になっちゃいます・・・



空気の吸いすぎで、本当にクラッとしたので、これはすぐに止めました。
テンポ150で弾いているので、このリズムだと1分間に50回も息を吸うことになるんですよね。

というわけで、次は2小節に1回(6拍目)に息を吸ってみました。
だけどこれでも多すぎます。(頭がクラクラになります。)

結局4小節に1回にしてみました。
これだとペースはまずまずなのですが、ただでさえリズムを合わせるだけで余裕が無いので、4回数えることに頭を使う余裕があまりありません。
気がつくと4小節目が過ぎてしまっているんですよね。
(こうして文章にしてみると、なんだか相当頭が悪そうですね・・・)



各コードのコードトーンを探しながら弾いたり、リズムを考えながら弾いたりとなると、情けないくらいに余裕が無くなります。
これでは、まわりの音を聞いて音を出すなんて、本当に遥か先の事のように思えてしまいますね。



まわりの音を聞いて、感性で音を奏でるのに憧れますが、まだまだ時間がかかりそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。