ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080506233910.jpg

ここ最近、ひたすら数字を頭で考えながらの練習なので、以前のようにがむしゃらに弾きまくる練習というのを行っていません。
なんとなく右手の指先も弱ってきてしまったように思います。
とはいえ、当面は数字とニラメッコの練習を続けてみようと思っています。



というわけでタイトルに書いた「歌うベース」ですが、歌うようなベースの演奏というわけではありません。
歌いながら弾くベースです。

Walking Jazz Lines for Bassに従って、引き続き練習を進めています。
このテキストでは、ルートの音に対する度数を、口で言いながら弾くようにとの指示があります。

そこで、僕も口で数字を言いながら弾いているのですが、この練習、とにかく苦しいです。
数字のポジションを押さえるのに必死なので、余裕が無いんですよね。
そのせいか、あまり空気を吸えてないみたいです。

以前みかんの歌の練習をしましたが、まったく同じ症状です。

時々、ベーシストさんで演奏しながら歌っている人がいますよね。
そうでなくても、コーラスで時々歌っていたりしますよね。

今の僕にはとてもじゃないですけど、出来そうにありません。



気持ちよく歌いながら演奏できるくらいの余裕と歌唱力が欲しいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。