ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080508114540.jpg

ついに壊れてきました。
楽器ではありません。
僕の体でもありません。

精神がおかしくなりそうです。

原因は、ただ1つ、練習がつまらないんです。
(不謹慎でごめんなさい・・・)



相変わらずWalking Jazz Lines for Bassに沿って練習を進めています。
↑写真が前日と同じページですが、当然同じ練習を前日から引き続き行っています。

今やっているのは、2小節のベースライン7例を、12のキーに移調して練習するというものです。
当然音符を見て弾くのではなく、ルートに対する度数を声に出しながら弾くといった練習ですね。

まったく同じフレーズを、ひたすら繰り返す練習を、12のキー全部で行うこの練習、右手の指先や左手の握力云々の前に、精神が蝕まれていくくらい、つまらなくて飽きてきちゃいます。
かといって、スムーズに弾けるわけではなく、移調した直後はひっかかりまくりです。

おまけに、「イチナナナナゴー・・・」などといった言葉を口ずさみながら弾くのも、相変わらず苦しいんです。



練習を始めて少しすると、ため息が出てきます。

さらにしばらくすると、「&%’#=*%$・・・」といった汚い愚痴を発しながら変にテンションが上がってきます。
さらに、音痴で声量が無いにも関わらず、「イチナナナナゴー・・・」と数字をシャウトしながら弾き続けます。

この状態がしばらく続いた後は、真っ白な灰になって、うつろな目で遠くを見ながら1?2分ボ?ッとしてしまいます。



↑のローテーションを4?5回続けて練習終了となりました。
昨日の練習時間、105分。
ひたすら2小節のベースラインのパターンを繰り返し弾き続けていました。
まさに自分との戦いです。



夜は久しぶりに高円寺のライブハウスへコジカナツルのライブを見に出かけてきました。
今回はゲストも多彩で、なんだか贅沢なライブでした。
(最後はコジカナポン&FriedPrideのshihoさんまで登場です。)

素敵で物凄い演奏を目の当たりにすると、恐ろしくつまらない練習でも、もう少し頑張ってみようかというエネルギーが沸いてきますね。
というわけで、引き続き恐ろしくつまらない練習に打ち込みたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。