ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080513104345.jpg

昨日治療したマメですが、上手く回復させることが出来ませんでした。
朝起きた時には綺麗にくっついて平気に見えたのですが、午前中に暖房の効いた部屋にいたのがよくなかったみたいです。
いつもそうなんですが、指先に汗をかいてしまうと駄目ですね。
せっかくくっついていた皮が浮いてしまい、昨日針であけた穴から、1日中水が出続ける感じになってしまいました。
こうなってしまうと、痛みも残るし面倒臭いんですよね。
しばらくは痛みを感じるので、そ?っと弾くことになりそうです。



4度と6度のポジションに苦しんでいる旨を最近の日記に書いていましたが、このことについて、いろいろな方から指の形で覚えるようにとのアドバイスをいただきました。
おかげさまで、なんとか形でポジションを覚えるところまでは出来ています。

ただし、実際に演奏の中で押さえるとなると難しいですね。
単純に、テンポ120だとすると、1拍あたり0.5秒ということになりますよね。
0.5秒ごとに次々とポジションを押さえるとなると、やはり4度や6度は苦戦してしまいます。



ちなみに0.5秒を調べてみると、

陸上の100mの世界記録だと約5m13cm
水泳の100mの世界記録だと約1m05cm

進む時間でした。
(これがどの程度凄いのか、まったく感覚がわかりませんが・・・)



「4度は何処?」
「6度は何処?」

と聞かれれば、すぐに「ここと、ここです。」と答えることは出来ると思います。
とはいえ、いろいろなフレーズの中に入ってくるこれらの音を、瞬時に判断して押さえるにはまだまだ訓練が必要なようです。

というわけで、まだしばらくは、地道に今の練習を続けようと思っています。



もうちょっと楽しく練習出来るとありがたいんだけどなぁ・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。