ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080604215337.jpg

宿題で出ていた、I'll close my eyesのベースライン作りに取り組みました。
我流で進めるのではなく、Walking Jazz Lines for Bassで練習しているフレーズを出来るだけ取り入れて組み立ててみました。
じっくりとコードを見てみると、練習しているコードの進行というのが結構あるもんですね。

同じコードの連続
?→?
?→?
?→?→?

などなど、意識して探さないと見つかりませんが、練習しているフレーズをそのまま活かせる部分が結構出てきます。

だけどこれ、本当にじっくりとコード譜とニラメッコしていないと気がつきません。
しかも、フレーズを数字で全て暗記できているわけではないので、コード進行に気がついたとしても、フレーズはカンニングしないとすぐには書き出せません。

これでは、セッションなどの場で咄嗟に弾くなどというのは、まだまだ先になりそうです。
やっぱり実際の曲の中で、練習しているフレーズを取り込んで弾く練習というのを平行して行う必要がありそうですね。

昨日のコメントで、モリ@ベースさんがマイナスワン教材とやらを教えて下さいました。
(お返事が遅れていてすみません・・・)

早速販売元(?)に問い合わせたところ、渋谷のヤマハ楽器さんであれば常時置いてあるとのことです。
早いうちに手に入れて、実際の演奏の中でフレーズを弾く練習を取り入れていきたいと思います。



ところで宿題のベースラインは、先日購入したルーズリーフの五線譜に書いています。
0.9mmで2Bのシャーペンを使っているのですが、これって裏のページにも楽譜が書いてあると、その向かいのページがかなり汚れてしまいます。
柔らかい芯で書いているのもかなり影響しているんでしょうね。

ただでさえ綺麗とは呼べない楽譜なのに、更に汚れて汚くなってしまうので下敷きが必要そうです。
下敷きなんて、小学生の時以来使った覚えがありません。



下敷きって今でも普通に売ってるんですかね・・・
ちょっと探してみようと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。