ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080611214659.jpg

先日購入したJamey Aebersold JazzのVol.1ですが、毎日少しづつ取り組んでいます。
一番最初は、FmとE♭mとDmを8小節づつひたすら繰り返す練習です。



同じコードの繰り返しについては、Walking Jazz Lines for Bassで練習したフレーズがちょうど4つあるので、まずはこれを繰り返しCDに合わせて弾く練習から始めてみました。

ただし、Walking Jazz Lines for Bassに出てきたフレーズはメジャーキーです。
そこで、まずはこれをマイナーに直した上でスタートしたのですが、簡単には指が動いてくれないですね。
ただでさえ頻繁にひっかかっていたのに、コードをマイナーに変更すると更にひっかかりまくります。



CDの演奏スピードは、恐らく120前後から始まっていると思うのですが、これですら最初はまったく合わせられませんでした。
とはいえ、この数日は毎日この練習を繰り返していたので、ようやくひっかかりながらもなんとか弾けるようになり始めました。



Walking Jazz Lines for Bassを進めていた際に練習した時は、ひたすらメトロノームに合わせて弾いていたので、とにかく退屈だったんですよね。
ところが、JameyのCDに合わせるのであれば、かなりご機嫌なピアノとドラムが入っているので、メトロノームと比べて、精神的にはずっと楽になりました。
むしろ、他の楽器に合わせて弾くのは、同じフレーズの繰り返しだけでもちょっと楽しいくらいです。

しかも、メトロノームと違って、結構リズムが揺れていると思うんですよね。
スタートは120位ですが、終盤はあきらかに早くなっています。
必死に音を聞きながら自分の演奏を合わせていくのも、かなり良い練習になりそうです。



ところで明日は、またしても緊急で実家に帰ることになりました。
ウッドベースを弾くことは出来なくなりそうなので、今夜のうちに電車内で勉強出来そうなネタを整理しておこうと思います。

明日はとにかく、電車内の眠気に負けないというのが目標です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。