ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080617235057.jpg

写真は次の課題曲(宿題)です。
ベースラインを2コーラス分作るというのが宿題なのですが、まだ手をつけていません。
そろそろ始めるべきなんですが、練習量が落ちていることもあり先送りしてしまっています。
(追い込まれる前に始めなくては・・・)



引き続き、練習の最初に10分から15分ほどスケール練習を実施しています。
前々回のレッスンの際に先生から進められて以来、ウォームアップをかねて、基本的にほぼ毎日行っています。

この練習、けっこう漠然と指を動かしていたのですが、最近になって指板のどこのポジションに手があるかを、うっすらと感じ取ること出来はじめました。
これまでももちろん、ハーフポジションやファーストポジションくらいであれば、当然把握出来ていました。
ただし、サードポジションあたりからは、なんとなく押さえているといった感じだったんです。

なんとなくで、明確にポジションを把握出来ていないと、何の音を押さえているか、更には同じポジションの他の弦が何の音かなどが咄嗟に浮かばないんですよね。
そのため、常に自分の手がどのポジションにあるかを把握出来るようにしたいと思っていたんです。
(何を今更といった感じかもしれませんが・・・)

指板の↓のポジションになるほど、まだまだ自分の手がどこにあるかを明確に把握することが出来ずにいますが、うっすらと見え始めたのはちょっとだけ進歩ですね。
出来るだけ、どこのポジションに手があるかを頭でイメージしながらスケール練習を実施したいと思います。





それにしても、G線の「レ」の音のポジションって難しいですね。
このポジションは、簡単に音をはずしてしまうのが悔しいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。