ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080708153844.jpg

本日の練習内容↓です。

スケール練習/20分
ソルフェージュ/20分
?-?-?のフレーズ練習/30分
先日耳コピーした曲の練習/20分
合計90分



michiさんに先日、調のドリルで短調の音階を3つ覚えたという話をしました。

自然的短音階
和声的短音階
旋律的短音階

すると・・・



「頭で覚えても、自分で弾いてみて音として頭に入れなくては、実際に使えないんじゃない??」



と、言われてしまいました。



なるほど・・・



確かにそうですね・・・
と言うわけで、本日は練習の最初に行っているスケール練習で、先日覚えた短調のスケールを繰り返し10分ほど弾いてみました。
これまでは、メジャースケールでしか弾いていなかったんですよね。

しかし・・・
やっぱり旋律的短音階に関しては、音として覚えるのも難しそうです。

他の2つに関しては、なんとなく印象に残るので、毎日弾いていれば結構すぐに頭に残りそうです。
だけど、上行と下行で音が変わるこの音階に関しては、音として頭に入れるのもなんだか難しそうですね。



先日の日記で、JAZZではこの音階に出会わない事を祈ると書きましたが、モリ@ベースさんのお話では、JAZZでも付き合わなくてはいけなそうですので、これは大変ですね・・・
(モリ@ベース様、いつもながらありがとうございます。)



ところで、スケール練習の次にいつも実施しているソルフェージュですが、こちらもいよいよテキスト終盤に突入しています。
ここで本日出てきたのが、8分の3拍子と8分の6拍子です。

先日の日記に書いた変ハ長調とロ長調の話と同じく、ややこしくてしょうがないです。
(変ハ長調の件につきましてもモリ様、ありがとうございました。)

8分の3拍子と8分の6拍子、さらには4分の3拍子って、いった何が変わるんでしょう?
この理論を作った時代の人達って、算数で通分とか約分というのを習わなかったのでしょうか??
それとも算数嫌いで、習った事を忘れちゃったんですか???



そもそも4分の4拍子と4分の2拍子の違いも含めて、いまひとつ理解出来ていません。



ややこしや?ややこしや?



これって、みんな普通に理解出来る事なのかなぁ・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。