ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080710100826.jpg

友人のCDに入っていた曲のメロディーを楽譜になおす作業を行ってみました。(耳コピー?)
すると、お約束で♯の付く音というのがいくつかあります。

ド、ファ、ソ

順番を入れ替えると、

ファ、ド、ソ

ということはイ長調=Aメジャースケール!
(先日、調のドリルで勉強しました。)

試しに、曲頭をAのキーでベースを合わせてみると、なんとなく合っているように聴こえます。
ついに、曲のキーを聴き取った(?!)ということでしょうか。
今度、曲を書いた本人に答えを聞いてみたいと思います。



本日は2時間30分ほど練習出来ました。
その中で、先日いまいゆ様からアドバイスいただいた、メロディを歌いながらベースを弾く練習というのを20分ほど行いました。
本日は酒バラでチャレンジです。

声が小さいとベースに自分の声がまぎれてしまい、よく聞こえずに歌の音程をはずしやすくなってしまいます。
そのため、結構な大きさの声で歌ってました。

もともと声量が無くて音痴な上に、自分のベースの音に邪魔されながら音をはずして歌っているので、ご近所様にはかなりヤバイ住人だと思われていないか、ちょっと心配になりますね。

それにしても、やっぱりベースを弾きながら、口で歌うというのは難しいです。
ルートを弾くだけでも、かなり歌の音程をベースに引っ張られてしまいます。



先日、知人のライブに出かけてきました。
ギターの弾き語りをする人達が何組か出演されていたのですが、ギターで歌うというのもやっていることは同じですよね。
これまで当然のように聴いていましたが、実は凄い事をしているように見えてしまいました。



将来的に自分が弾き語りをするとは到底思えませんが、メロディを頭に置いてベースを弾くためにも、なんとかこの技術を身につけたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。