ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080711080412.jpg

練習の中で、フレーズ練習をコンスタントに取り入れるようにしています。
基本的に?-?-?のフレーズと、同じコードの繰り返しのフレーズが、今行っている課題です。



同じコードが繰り返されることについては、以前からかなり苦戦していました。
昨年取り組んでいたBye Bye Blackbirdでは、Fばっかり6個も続けて出てこられて、ベースラインを考えるのがつくづく嫌になったのを思い出しますね。

フレーズ練習では、同じコードの連続(2小節)のベースラインをまず暗譜しました。
これを2つ覚えた上で、他のキーに移調しながら練習しています。

最初のうちは、134♯45431などと、数字を言いながらポジションを確認して弾いていたのですが、繰り返し続けていると、なんとなく音で覚えることが出来ますね。
音で覚えてなんとなく弾いているうちに、指も自然に動くようになってきました。



昨年ベースラインを考えるのに苦戦していた頃は、1小節単位でベースラインを考えていました。
だけど、これだとたちまちネタ切れになってしまうんですよね。
2小節や4小節のフレーズとして覚えてしまうことによって、このストレスってかなり軽減されますね。

また、この練習ではジェイミーのマイナスワンCDをよく使っています。
フレーズ練習って、短調になりがちで辛かったのですが、CDの伴奏があるおかげで精神的にかなり楽になりました。



自然に指が動いてくれるフレーズを少しづつ増やして、実戦で早く使えるようになりたいですね。
もう少しアドリブでいろいろな曲を弾けるようになってきたら、またセッションへの参加を再開したいと思っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。