ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080711114226.jpg

本日ついにWAKUWAKU調のドリルが最後まで終わりました。
なんだか1冊終了出来ると、なんともいえない達成感がありますね。
(あくまで幼児?小学生用のテキストではありますが・・・)

そういえば受験の時も、この達成感がほしくて参考書は全て薄いものを選ぶようにしていました。
1冊の終わりが1つの目安になって、そこを目標に進められるのが良いんですよね。



ところで、この幼児?小学生用テキストですが、僕自身にとってはかなり勉強させてもらうことが出来ました。
もともと、ジャズ初心者用のテキストでさえ難しすぎると感じていたため、一般的な初心者用テキストに進むための準備としてこのテキストを始めました。

2年ちょっと前にウッドベースを始めた時には、ヘ音記号の楽譜を見ても、どこが「ファ」なのかすら解らなかったんです。
でもこれって、きっと小学生の時に習っているんですよね。



今振り返ると、小学校や中学校の時に音楽の授業で何を習ったかといったことを、ほとんど覚えていません。
国語、算数、理科、社会であれば、なんとなく習ったことを思い出せますが、音楽となると歌を歌わされていた以外はこれといって思い出せないです。
いわゆる楽典にあたることがテストで出てきたようにも思いますが、何を覚えたかといったことはまったく記憶にも無いです。

当時はまったく興味が無かったんでしょうね。
まあこんな状態だったわけで、小学生レベルから今回は地道に進めてみました。

♯のつく順番
♭のつく順番
♯と♭から調を見分ける方法
主音、属音、下属音、導音
長調の音階
自然的短音階
和声的短音階
旋律的短音階
平行調
同主調
属調
下属調
近親調
等々・・・

どれも今の僕にとってはためになる事ばかりでした。
もちろんまだまだ小学生レベルの知識を全て身に付けられたわけではありませんが、次のステップに進むための、ほんのわずかな理論武装(?)は出来ました。
いよいよこれで、一般的な初心者用テキスト(大人用!)に進みたいと思います。



ちなみに、終了したのはあくまでも調のドリルだけです。
ソルフェージュと聴音のテキストに関しては、まだ引き続き幼児?小学生用のテキストを継続予定です。

苦手なお勉強ではありますが、引き続き頑張ります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。