ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080716100143.jpg

昨日痛めた右肩甲骨の辺りですが、一晩寝たらすっかり治っていました。
結構な痛みだったと思うのですが、いったい何だったんでしょう??
何はともあれ、治ってよかったです。



ここ最近michiさんが、All the things you areに取り組んでいます。
レッスンでもひたすらAll the things you areのセッションなどを行っているようで、自宅にも資料が増えてきました。
せっかくなので、僕もこの曲に取り組んでみようかと思います。



実は以前にも、この曲に取り組もうかと思ったのですが、青本を見てすぐにやめました。
この曲、青本でコード進行を見てみると、86小節もあります。
32小節ですら充分長いと感じている僕にとって、86小節なんてフルマラソンを遥かに凌ぐ長さに感じます。
更にダルセーニョとかコーダとか出てきて、見た目の面倒臭さと難易度も上がっているんです。

というわけで、最初に見た時には一瞬で諦めました。
ところがmichiさんに聞いてみると、イントロとエンディングが入っているから長いだけで、実際に繰り返すのは36小節だけだということです。

まあ、36小節だけとはいえ、僕にとってはかなり長い曲に変わりは無いのですが、それでもせっかくなので取り組んでみようかと思いました。



michiさんが、いろいろなAll the things you areを10曲程度まとめたCD-ROMがあったので、それに合わせてウッドベースを弾いてみましたが、やっぱりかなり厳しいですね。
同じコードが続くフレーズや、?-?-?、?-?などのフレーズ練習を行い、なんとか弾けるようになったフレーズもいくつかあります。
ところが実際の曲あわせるとなると、なかなか咄嗟に出てこないですね。



せっかく覚えたフレーズを実際の演奏で活かせるようにするには、ちょっとばかり工夫と訓練が必要そうです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。