ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080730220323.jpg
本日の練習時間/170分
無事昨日の目標を達成出来ました。
右手はフルスイングで思いっきり弾いてましたが、特にマメが出来たり痛みが出たりといったこともなく、きわめて順調です。

演奏技術や理論はともかく、すくなくとも右手の指先が強化されているのは間違いなさそうですね。



本日は時間に余裕があったので、録音しながらの練習を実施しました。

録音→確認→録音→確認→・・・

弾いたら聞くを繰り返しながらの練習です。



Fのブルースを中心に行ったのですが、なんともキレの無い、躍動感や推進力をまったく感じられない演奏でした。
4ビートのウォーキング部分は多少マシになってきていますが、2ビート部分のまどろっこしさには自分でも驚きました。

まるで、ぬるくて炭酸が抜けたビールみたいな演奏ですね。

じっくり聴いてみると、音が欲しいタイミングよりも概ね遅れて音が出ているように感じます。
4ビート部分は、若干早めに音があるように思いますが、2ビート部分は完全にCDの音を聴いて、自分の音を出しているような演奏になっていました。

1度演奏を聴いた後からは、その点を注意しながら、ひたすら2ビートを弾いてみたのですが、意識するだけで大きく変わるんですよね。
まだまだ心地良いタイミングで音が出ているとは言い難いですが、それでも1回目の録音よりはだいぶマシになってきたように思います。

意識するだけで、これほど変わるのであれば、今まで意識せずに弾いていた時間がもったいないですね。
やっぱりマメに録音しながら確認する練習を取り入れなくては駄目ですね。



ウッドベースを弾く時間は多少減ってしまっても、しっかり録音して確認する重要性を改めて実感しました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。