ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080806233520.jpg
昨年11月にスタートした、子供のためのソルフェージュ1aが、ついに最後まで終わりました。
このテキスト、最初から最後まで五線譜に音符が書いてあるだけです。
それを声にだしてひたすら歌うといった練習でした。



最初のページは、ドとレの2音だけです。
さすがにドとレだけであれば大丈夫でしたが、ド?ソまで音域が広がった時点で、かなり苦戦し始めました。
ファの次にレを歌うだけでも、なかなか音をつかめなかったんですよね。

それが一冊終了して、最初の方のページを振り返ってみると、スラスラと歌えてしまうんです。
更に、このテキストの最後6ページ程は、海外の有名な民謡(キラキラ星等)などが楽譜で書いてあります。
最初にこのテキストを見た時には、楽譜を見てもどんな曲かがまったくわかりませんでした。
だけどテキストを最後まで終わらせた今は、びっくりするくらいスムーズに歌えました。

テキストの終盤は、意地悪な楽譜(音の並びが不自然で、明らかに無理を感じる)が続いていたので、民謡などの自然な進行だとむしろ歌いやすく感じます。

なんだか、この劇的な進歩が嬉しくて、終わった時は感激してジ?ンときてしまいました。



このテキスト、1aということで続きがあるみたいです。
近いうちに是非続きを購入したいと思います。






ちなみに、さも凄そうに↑書いてしまいましたが、テキストはあくまでも幼児用です。
巻頭に記載されている「この本の用い方」という項目にも、「5, 6歳から使用できます。」と記載されてました。

大人レベルへの道のりは、まだまだ遠く険しいようです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。