ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080824143310.jpg
昨日は家で1時間程練習をした後、近所のファミレスで聴音とコード進行暗記を行ってました。
聴音は最近さぼりがちですからね。
毎日、聴音かソルフェージュのどちらかは行うべきだと思っているのですが、ソルフェージュのテキストを完了してからはどうも実践出来ていません。
聴音よりも手軽に出来るソルフェージュのテキストも、近いうちに購入してしてこなくては駄目ですね。



ところで、モリ@ベース様よりアドバイスいただいた曲のコード暗記の件ですが、Fly me to the moonから開始しています。
まずはアドバイス通り手書きで譜面を作ってみました。

ABACの構成になっているということを頭に入れるだけで、作業効率が大幅に上がりますね。
最初の8小節を暗記した時点で半分完了というのは、なんとも得した気分です。
しかも、5boro様のコメントで4度進行というキーワードがあったので、これを気にしてみると、これまた一気に暗記を進めることが出来ました。

気がついていなかったのですが、この曲、驚くほど4度進行が徹底されているんですね。
1小節をルートの1ビートの感覚で運指をイメージすることで、次の小節のルートが簡単に出てきますもんね。
イレギュラーで4度進行になっていない部分さえ把握できれば、32小節一気にルートの音は頭に入ってくれます。



・・・と、ここまでは予想以上の順調ぶりだったわけですが、問題はコードのアルファベット(A?G)に貼り付いている記号どもです。

M
m
7
何も無し
-5

もちろんこれらが付いて始めてコードなんでしょうけど、こいつらがなかなか頭に入ってくれません。
???のような進行をしっかり理解出来れば、必然的についてくる記号がわかったりするのでしょうけど、まだまだそこまでの知識が追いついてません。



暗記と合わせて、この作業をきっかけにいろいろと勉強できればいいですね。
地道にちょっとづつ続けていこうと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。