ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080902002529.jpg
相変わらず音叉は持ち歩いています。
ズボンの右ポケットに常に忍ばせて、1日に何度か「ラ」を確認するようにしています。
(先日、仕事の打ち合わせの際に床に落としてしまいました。気をつけなくては・・・)

いつも頭を軽くコツンと叩いて、根元の玉の部分を右耳につっこんで音を確認していました。
ところが、どうも右耳だけなんだか痒くなってしまったんです。
金属アレルギーとか無いと思っていたのですが、心当たりは音叉だけなんですよね。

というわけで、最近はうるさい場所でも、なるべく耳にはつっこまずに使うように心がけています。





ところで、以前から難しいと感じていたE線ですが、現在も相変わらず苦戦しています。
特に8分音符などをE線で弾くと、ほとんどリズムが合わせられません。

E線を弾く時は、他の弦よりも指のかかりが深くなってしまいがちなのが、要因の1つではないかと思っています。
8分音符を弾く時などに慌ててしまうと、指板と弦の間に指が入り込んでしまうことまであるんです。

そこで、E線を弾く際に意識して指を浅くかけるようにすると、当然指のひっかかりは軽減されるのですが、明らかに音が小さくなってしまいます。



「E線は難しい」
という話もよく耳にしますが、例に漏れず苦戦し続けています。

「コツ」が何処かにあるんですかね・・・



E線の対処、まだまだ試行錯誤が続きそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。