ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
eudoxa.jpg
もちろん買ってないですよ!
(×買ってない→○買えない)



お世話になっている商社の担当の方が見せてくれました。
バイオリン用は、ガットがむき出しになっているということで、そちらも中を見せてもらったのですが、スパゲッティみたいな色をした弦でした。
スチールの弦と比べて、柔らかい音になるらしいですね。

ちなみに僕は「ガット弦」が何者なのか、まったく理解していませんでしたので、その正体も昨日初めて知りました。
動物の腸と聞いて、超(腸?)びっくりです。

そういえば、テニスラケットに張ってあるのもガットって言いますよね。
あれも元はここからきていたんでしょうね。

もう1つちなみに、串焼き屋さんのメニューにある「ガツ」って胃袋ですよね。

ガツ⇔ガット

こちらは何か関係あるんですかね・・・?



それにしても、腸って丈夫なんですね。
切れずに弦として使えてしまうのがなんとも不思議です。



帰宅してネットで更に調べていたところ、↓こんなツワモノさんもいらっしゃいました。

手作りガット弦の薦め⇒

羊の腸を見る→ガット弦を自分で作ろう!

少なくとも僕にはこの発想は出てこなそうです。
この方、いったい何者なんでしょう?
作れてしまうというのは、いろいろな意味で素敵ですが、それにしても凄いです。



最近はご無沙汰していますが、渋谷のガード下の飲み屋さんに腸詰ソーセージが1人前1,200円でおいてます。
(結構美味い!)

ソーセージに加工されると、1人前1,200円。
ガット弦に加工されると、1セット120,000円。

加工方法によって0が2つも違ってしまうとは、なんとも複雑ですね。



ところで僕が羊だったとしたら・・・



どっちも嫌です。
(布団に貢献する羊になりたいです・・・)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。