ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080908101559.jpg
1bに突入したソルフェージュ、地道にちょっとづつ進めています。
当然1aからは少しづつ難しくなっているわけですが、最近一番苦戦しているのは音域です。

写真の通り、ついに高いファの音まで出てきました。
ここまで高くなってしまうと、もう声を出すのに精一杯ですね。
まさに振り絞って声を出しているという感じです。
ただでさえ聞き苦しい僕の歌が、いよいよ殺人電波のようになってきました。



本日は、練習前に爪を切ろうと思っています。
ウッドベースを始めてからは、本当の爪を切る頻度が上がりました。
とにかく右手の人差し指と中指の爪が伸びてくると気持ち悪くてしょうがないんです。

普通に4ビートを刻んでいる時にはそれほどでも無いのですが、8分音符をオルタネイトで刻もうとすると、A線やE線を弾く際に指版を爪で擦ってしまいます。
もともと爪が薄くて平らなので、缶ジュースを爪で開けることなど想像も出来ないほどに爪が弱いんです。
そのせいか、爪で何かを擦ることが苦手なんですよね。

右手の人差し指と中指が、指版に添えている親指に近づくほど指の角度が指版に対して立ってきてしまう僕のフォームにも問題があるのかもしれないですね。

爪きりで限界まで短くした上で、さらにヤスリで角を取って指版にあたりにくくしています。
最近は、ウッドベースを置いている場所に、一緒に爪ようのヤスリを常備するようにもなりました。



そういえば以前にテレビで、AV男優の加藤鷹さんが爪切りでは爪を切らず(切れない?)に、ひたすらヤスリで削って、常に超深爪状態になっているという話をされていました。

ウッドベースのプレーヤーさんも、AV男優さんなみに深爪になっている人がいたりしないんですかね??
業界は大きく違えども、ちょっと共感出来る話でした。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。