ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080911155304.jpg
写真は昨日取り組んでいたソルフェージュの一節です。
この写真の真ん中あたりにある「ミ」の音がとにかく合いませんでした。

ドレミ?とか、ドミソ?などであれば問題なく「ミ」の音を発声出来ます。
だけど、前後に出てくる音が変わるだけで、同じ音でも不思議なくらい音を捉えるのが難しいです。

「シ」から「ミ」であれば4度の進行ですが、この4度というのも慣れているはずですよね。
何が原因でむずかしいのだかさっぱりわかりません。

以前にも書きましたが、こういうのってやっぱり野球のピッチングと同じ感覚なんでしょうね。
単調な配球であれば問題なくバットに当てられても、球種や緩急をつけられるとまったくバットに当たらなくなるといった感じでしょうか。

日が変わって、写真を見ながら改めて声に出してみましたが、やっぱり今日も「ミ」の音がつかめませんでした。
まだまだ地道な訓練が必要そうです。



今週は、ここ1ヶ月に比べると、いくらか練習時間を確保出来ています。
(ちなみに昨日は80分でした・・・)
そのおかげか、柔らかくなってきたと感じていた右手の指先が、少しだけ硬くなってきたような気がします。
本当は柔らかいまま皮が厚くなった感じが理想なんですけどね。

来週も時間に追われそうですが、なんとか練習時間だけは削らないようにしたいです。



仕事は忘れて、

弾く→飲む→弾く→飲む・・・

ゆっくりと、こんな一日を過ごしたいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。