ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080912224857.jpg
以前にコード進行丸暗記に取り掛かったFly me to the moonですが、せっかく試験勉強のように丸暗記したコード進行を実際の演奏では使えていませんでした。
連日メトロノームに合わせながら15分程度繰り返し弾いていたのですが、ノートに書き出した楽譜(コード)を見ながらの練習になっていたんです。

丸暗記したコード進行は、じっくり考えればノート書き出すことが出来ました。
だけど演奏しながらでは、覚えたコードが浮かんでこなかったんですよね。
仕方無いので、結局コード譜を見ながらの練習になっていました。

ところが、本日あらためてコード譜を見ないで弾く事を試してみたところ、なんだか結構いけるんですよね。
いよいよコードが頭に入ってきたということでしょうか。



コードを覚えて弾くと聞いた時には、
Am7→Dm7・・・
といったアルファベットが次々と頭に浮かんでくる事をイメージしていました。

だけどこれ、きっと違いますよね。



本日、コード譜を見ないようにしながら繰り返し弾いていたのですが、別に全てのアルファベットが次々と浮かんでくるわけではありませんでした。
ABACの構成のうち、BとCの3小節目(全体の11小節目と27小節目)は、CM7とかEmというのを意識して頭に浮かべるようにしました。
だけど、それ以外はなんとなく音のイメージで弾けるんですよね。



「曲のメロディを頭に浮かべて弾く」といった話をよく耳にしますが、流石にまだそこまでは出来ません。
だけど今までは、↑の事が「どんな感じ」なのか、ほとんどイメージ出来なかったのが、ちょっとだけわかるような気がしてきました。



コード進行を覚える感覚がいよいよわかってきたような気がします。
この感覚を大事にしながら、そろそろ次の曲のコード進行丸暗記にも取りかかってみようと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。