ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080916135051.jpg

練習中はコーラを用意している事が多いです。
自宅から徒歩30秒程のところにある自動販売機でコーラを買ってきてから、練習に取り掛かるといった感じですね。

このコーラについて、毎回注意しようと思いながら繰り返し陥っているミスがあります。
ソルフェージュの前に飲んでしまうと、歌いはじめてすぐにゲップが出てしまい、中断してしまうんですよね。
(まさにハイキングウォーキングのイリュージョンです)

あまり考えた事は無かったのですが、ボーカルの人って炭酸飲料厳禁ですね。





ところで、連日少しづつ取り組んでいる移調したベースラインの練習ですが、楽譜を見ながらであれば16小節程は弾けるようになってきました。
ただし、弾けるとは言っても、出てくる音はどうもイマイチなんです。



もともと教本についていたCDの演奏がかっこよくて始めてみました。
ところが僕が弾くと、推進力の無い、イマイチ乗り切れない演奏になってしまうんですよね。
グルーヴ感が無いというのは、まさにこういうことを言うのだろうといった感じの演奏です。



取り組んでいるのは、これまで演奏したことの無い複雑なリズムなので、練習では楽譜とお手本CDを頼りに音やリズムを探っています。
耳で聞いたリズムを元に必死で音符を追うのですが、この時に、基本になる4拍子の4拍が頭の中で見えなくなってしまうんですよね。

昨日の5boro様からのコメントでもご指摘いただきましたが、まずは頭の中の基本のビートをしっかり持つ事から意識してみたいと思います。
(5boro様ありがとうございました)



ちなみにWikipediaのグルーヴのページには、以下の記載がありました。



「理論ではなく経験によってのみ培われるリズムの感覚全体」



経験のみですか・・・
まだまだ経験なんて全然無いですもんね・・・





あせらず地道に、「グルーヴ」探しをしてみたいと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。