ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080921130648.jpg
昨日朝は、その後ファミレスでmichiさんと合流したのですが、michiさんが音楽関連のテキストやノートを持ってきてくれたおかげで、移調譜作りを進めることができました。

ちなみに、michiさんにも指摘されたのですが、どうも楽譜を書くのが遅いんですよね。
しかも休符やナチュラルなどの臨時記号がかっこ悪いんです。

かっこいいナチュラル(?!)って、いったい何が違うんだろう・・・





ところで、以前から何度も取り組んでは挫折しているベースソロですが、その後ほとんど進展がありませんでした。
ポールチェンバースをコピーしてみたり、コードを基に作曲気分でソロのラインを作ってみたり等々やってはみたものの、結局アドリブでソロを弾けるようにはなっていません。



最近、メトロノームを鳴らしながら、なんとなく適当に音を出してみました。
小節の頭はコードの根音で入るようにしながら、あとはリズムも使う音もみんな適当です。
酔っ払いが茶碗をたたくようなそんなノリですね。

当然「音楽」とは呼べないような音になってしまうのですが、それでも気にせずに突き進んでみたんです。
すると、20小節とか30小節に1回くらいの割合でしょうか、本当に時々ですが、音楽っぽい音になる時があります。

もしかして、この繰り返しで音楽っぽい音が出る精度を高めていけば、結果的にベースソロになるのかもしれないと思いました。



今まで、いろいろ考えてはみるけれど、結局どんな音を出したらよいかがわからずに音を出さないという結果になっていました。
結局、何も身に付いていないので、今度は逆のプロセスで試してみようと思います。



何も考えずにまず音を出す!



その先にどんな結果があるのかはわかりませんが、しばらくはお試し期間で続けてみようと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。