ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080923215706.jpg
(添付画像を間違えていたので、27日差し替えました)

昨日はせっかくの祝日でしたが、どうも体調が悪くて夕方までベッドで寝てました。
週末、michiさんが風邪をひいていたようなのですが、もらってしまいましたかね・・・
それでも夕方はいくらか調子が上向いてきたので、50分ほどウッドベースを弾いた後、michiさんとカフェに出かけてみました。



すごく気になっていた事があったので、ちょっと曲の分析(?)をしてみたくなったんですよね。
村上聖さんというベーシストさんのブログにあった、「ベースラインのコピー」という記事、これがとても興味深かったんです。

村上聖さん9月19日の日記⇒

恥ずかしながら、僕は村上聖さんというベーシストさんは存知上げなかった(村上様申し訳ありません・・・)のですが、大嶋吾郎さんという大好きなボーカリストさんのHPのリンクページを辿って、今回の記事を拝見しました。

この記事、きちんと理論を理解できている人であれば常識なんでしょうか?
まだまだ勉強不足の僕にとっては、なんとも目から鱗の日記です。



「なるほど・・・」で終わってしまっては身につかないので、早速身近な曲を分析してみました。
すると村上さんの仰るとおり、曲のキーのスケールに含まれるコードばかりで構成されていることに驚きました。

ちなみに↓が、Fly me to the moonと、枯葉の分析結果(?)です。

■Fly me to the moon
キー:Am 
(↑24日訂正/誤Aマイナー、正Cメジャー・・・以下データは平行長で同じであるため訂正無し。ご指摘いただきました皆様、ありがとうございました。)
1コーラス:32小節
1コーラス中に出てくるコードの数:36個(同一コードの繰り返しを含む)
Amキーのスケールに含まれるコードの数:28個(同一コードの繰り返しを含む)
Amキーのスケールにコードが含まれる確立:77.8%

■枯葉
キー:Gm
1コーラス:32小節
1コーラス中に出てくるコードの数:32個(同一コードの繰り返しを含む)
Gmキーのスケールに含まれるコードの数:27個(同一コードの繰り返しを含む)
Gmキーのスケールにコードが含まれる確立:84.4%



曲のキーのスケールを把握するだけで、耳コピーなどの際には大きな足がかりになりますね。
更に、曲を構成する要素の1つ(?)を把握できたというのも大きいです。

理論の勉強で使っているテキストでも近々出てくる、スケールの話にもつながりそうですし、大変勉強になりました。
村上様、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。