ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080928113804.jpg

大分体調も回復してきました。
まだ、ノドが少し痛いのと、肌をなでるとちょっと痛い感じがしたりはしますが、一昨日までと比べるとかなり良くなったように思います。
というわけで、昨日は久しぶりに2時間程練習出来ました。

ちなみに↓、昨日の練習内容です。



スケール練習/5分
ソルフェージュ/15分
Fly me to the moon/40分
All the things you are/15分
ポールチェンバースのソロ(Straight no chaser)/40分
ブルース/5分



Fly me・・・は久しぶりに録音して聞いてみました。
実際の音源にあわせてベースを弾いたのですが、録音を聞いてみると、どうも走ってしまっているような気がします。
心地良いタイミングよりも、僅かに音が出ているタイミングが早いような気がするんですよね。
併せて、一つ一つの音が短いようにも思いました。

2回ほど録音して聞くのを繰り返した後は、メトロノームのクリックを3連の2抜き(タッカタッカ・・・)に合わせて、練習しておきました。
このクリックだと、やっぱり音が伸びる感じがするんですよね。



音を伸ばすのって、意識しても難しいですが、意識すること自体を忘れがちになってしまいます。
もっともっと癖として体に染み込ませなくては駄目ですね。



その後は、以前に練習したことのある、ポールチェンバースのソロを久しぶりに練習してみました。
結構忘れていたので、最初の20分ほどは、じっくり音符をみながら運指の確認です。
その後20分程は、最初の12小節位をノンストップで繰り返し弾き続けてみました。

ほとんどがオルタネイトで弾く感じなんですが、これってかなりいい訓練になりそうですね。



普段の練習の中で、2フィンガーでの通常のピッキングと、オルタネイトのピッキングの割合を考えてみると、ほとんどが通常のピッキングだと思います。
恐らく90%以上が2フィンガーでの通常のピッキングなのではないでしょうか。

これでは、オルタネイトで指が動かないといっても仕方無いですね。
通常の4拍子ですらなかなかリズムを合わせられずにいるのに、たいして練習もしていないオルタネイトが出来ないのは当然ですね。



というわけで、オルタネイトの訓練も含めてポールチェンバースのソロを練習しましたが、本日はどうも右手首の筋が痛いです。
いい感じにフィジカル面でも効かせる事が出来ているみたいですね。

故障しない程度に様子を見ながら、こうした訓練も取り入れていきたいと思います。
(日記を書く前に、手首には消炎剤を塗ってみました。)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。