ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081002154733.jpg

最近、練習前に飲んでます。

ビタミンB12って、傷ついた神経の修復に効果がありますよね。
オルタネイトで弾く際に、思うように指が動かないので、多少でも効果があればといった発想です。
練習により神経系統が発達するのであれば、練習と合わせて服用することで、多少は効果があるのではないかと思ったんです。

まあ、医薬品として売られているビタミンB12と比べると、B12の含有量も約1/25程度しかないので気休めでしょうけどね。

ただ、以前から感じてはいたのですが、音楽業界って栄養学とか生理学関連の情報がまったくといっていいほど無いですよね。
確実にフィジカル面での変化も求められるわけですし、もっと研究されてもいいと思うんだけどなぁ・・・





昨日は2時間程練習時間を確保出来ました。
夏場から比べると、ここ最近は確実に練習量が落ちているので、2時間くらい練習出来ると少しホッとします。



昨日の練習では、なんだか変なスイッチが入りました。

練習の前半に、以前練習したことのあるBye bye black birdのスコア(ポールチェンバース)を弾いてみたのですが、終盤に出てくる3連譜の連続がうまく弾けなかったんです。
そこで、この3連譜の連続部分2小節だけを繰り返し練習してみました。

最初はテンポ130で弾いていたのですが、指が動かないので110まで落として、まずは指の動きをしっかり覚えるようにしました。
その後、120にテンポを上げてひたすら弾き続けました。

結局、50分近くこの2小節だけを繰り返し弾き続けていました。
途中、メトロノームのテンポを変える以外は、完全にノンストップです。



すると、指はもちろん疲れてきましたが、合わせて右手の上腕部もなんだかきつくなってしまったんですよね。
慣れない早い動きを行おうとすることで、上腕部にも力が入ってしまうようです。



そこで今度は、テンポを一気に220まで上げて、All the things you areを弾き続けました。
最近は早いテンポの練習をしていなかったので、腕が疲れたところで早いテンポの練習をして、体に脱力を覚えさせる作戦です。
All the things you areだけではさすがに飽きてくるので、途中からはブルースに変更して、こちらも結局40分程ノンストップで弾き続けてみました。

おかげで本日はなんだか久しぶりに左手の前腕部分が軽い筋肉痛になってます。



こんな練習の時こそ、ビタミンB12が効果を発揮してくれるといいんですけどね・・・



ひたすら繰り返す反復練習、嫌いじゃないです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。